前処理の前に、Sika® Cleaner G+Pを使用して、汚れ、ほこり、皮脂などの一般的な汚染物質を除去することができます。 しかしながら、フロントガラス上で接着性に悪影響を及ぼす可能性のある汚染物質の存在の確認が増えています。
以下は、そのいくつかの例です:

一部の汚染物質は、補助的なテストで明らかになります。汚染物質の存在を確認するために、自動車のガラス交換業者様は、各部の接着面の表面張力が均一かどうか検査するための作業を習得して下さい。施工者は、ガラスクリーナーが汚染された箇所に沿って広がるか、外観が変わったりするかどうかを観察する必要があります。

推奨される汚染の処理

汚染が発見されたら、以下の汎用的な処理手順に従って作業して下さい。

Removing corrosion
  • 未使用のSika® Cleaner PCAで除去します。
  • 除去できたかどうかは、ガラスクリーナーの濡れ方が均一に改善されているかどうかによって確認できます。
  • ペーパータオルで乾かし、推奨される前処理ステップに進みます。
  • 汚れが酷い場合は、Sika® Cleaner PCAを乾燥させて使用すると、効果を高めることができます。