シーカは、レスポンシブル・ケア®プログラムに参加しています。このプログラムは、企業各社がその国内的なつながりを通じた自社の安全衛生および環境に関する能力の継続的向上と関係者の人々との自社製品/プロセスに関するコミュニケーションを目的として相互に協力することを可能にする、化学産業のグローバルな自発的イニシアチブです。

当社は、化学産業によって開始されたこの世界的な「レスポンシブル・ケア」プログラムに本格的に参加しています。シーカは、ISO 14001に従った環境マネジメント・システムのグローバルな導入・維持に全力で取り組んでいます。現時点で、シーカグループの51の会社(これらの会社の売上高の合計は、グループの総売上高の約90%を占めています)が、この環境規格に従って企業活動を行っています。シーカは、環境向上にかかわる各種の課題を、正真正銘の市場機会として捉えています。今日では、環境問題が全R&Dプロジェクトの約50%の原動力となっています。

レスポンシブル・ケア®の倫理は、我々の産業が将来の世代に十分配慮した上で安全かつ収益性の高い形で企業活動を行うことを助けるものであり、また、2002年の「持続可能な開発に関する世界サミット」では、持続可能な開発に大きく貢献する倫理として、UNEPに賞賛されています。