冷却水量削減のための追加投資が功を奏し、水の消費量は、生産量が前年とほぼ同じだったにもかかわらず、前年の194万立方メートルから174万立方メートルまで減少しました(10%の削減)。この消費水量の約4分の1は、液体製品の構成要素として使用された水です。