2009年には、廃棄物の量を5%削減することができました。このため、生産によって発生する有害廃棄物の比率が若干増加しました。