シーカは、持続可能な開発の指針的概念に全力で取り組んでいます。この指針的概念は、将来の世代がそのニーズを満たせなくなるような状況がもたらされるリスクを伴うことなく、現在の世代のニーズを満たす、というアプローチを支持しています。この概念は、会社の経営陣と従業員がその日々の業務において満たすべき要求を、包括的な形で提示しています。したがって、経済的側面、環境的側面、および社会的側面が、より密接に関連付けられた形で考慮されることになります。

安全環境保護への投資
エネルギー効率
水中への排出
固形廃棄物
安全性
給水量