職場の適切な安全衛生を実現するための綿密なアプローチ
従業員はシーカの最も貴重な資産であり、その安全、健康、および善意は、当社のビジネスの成功に不可欠です。シーカの安全衛生プログラムは、社内安全衛生基準、経営陣のコミットメント、従業員の参加、職場/リスク分析、危険の認識と解決、および教育研修を主な柱とするプログラムです。

社内安全衛生基準
シーカでは、組織内全体で、社内安全衛生基準が適用されています。一部の子会社では、この社内安全衛生基準の要件を補完するために子会社の安全衛生基準が併用されています。従業員の安全と健康は、会社の本質的な価値の1つです。安全な労働環境の確保は、1つのプログラムであると同時に、仕事を成し遂げるための1つの方法でもあります。

経営陣のコミットメント
シーカは、職場の安全衛生が確保できるかどうかは危険の特定と効果的な物理的保護および管理的保護の確立・維持を確実にする効果的なマネージメントが存在するか否かにかかっている、ということを認識しています。シーカの職場安全衛生文化は、シーカの人事考課プロセスの一部となっています。

従業員の参加
シーカは、従業員に対し、安全衛生を会社の価値の1つに転換することを求めています。シーカの一部の管理職は、安全な職場と機械、機器、および原材料の適切な使用を確実にする責任を担っています。

職場/リスク分析
従業員の安全と健康に悪影響を与えうる職場内の物品や物質を把握することは、雇用者としてのシーカの責任です。リスク査定は、従業員の安全を維持するために取るべき措置を特定する上で役立ちます。シーカでは、外部の保険会社、現地子会社のチーム、およびシーカグループの関係部署によって、リスク査定が定期的に計画・実施されています。

危険の認識と解決
検査は、職場内に現存する危険と職場内の変化(たとえば、新しい機器/プロセス/材料の導入や現行手順の改訂など)によってもたらされうる危険の両方に焦点を当てて行われます。事故調査は、危険の特定と防止を目的として行われます。シーカでは、グループのすべての事業所が、医療処置を要する緊急事態や健康にかかわる問題に対処できる体制をすでに確立済みです。

教育研修
シーカでは、全社員に対し、職業安全上適切な形で職務を遂行することを求めています。管理職は、部下の使用する材料/機器の内容、ならびに既知の危険およびその解決/コントロールの仕方を部下に周知させる責任を負っています。