シーカは、持続可能な開発の指針的概念に全力で取り組んでいます。サステイナビリティ(持続可能性)に関する当社の各種イニシアチブは、組織内部と外部環境の両方を対象として行われています。これらのイニシアチブにおいては、経済的側面、社会的側面、および環境的側面を含む、いくつかの世界的なメガ・トレンドに合わせた、イニシアチブの方向性の自己調節が行われます。

シーカにとっては、サステイナビリティ(持続可能性)は単なる目標ではなく、企業全体にまたがる1つのプロセスです。このため、シーカは、株主、競合他社、サプライヤ、および社会全体に対するシーカの責任が正しく果たされるように、サステイナビリティ(持続可能性)にかかわる義務の履行に関して、自社の活動および行動を継続的に監視するとともに、環境保護と世界中の人々を取り巻く状況の向上に役立ちかつ会社の繁栄にも正しい形で役立つ方法を、常に模索しています。