この度、シーカグループがスポンサーとなっております 建築家 保坂猛氏が展覧会「KU U SO U(空想)」in Tokyoを東京にて開催することとなりました。

今回は2013年に大好評を博したチェコでの展示会のTokyo巡回展で、チェコの展示会ではシーカグループが協賛させていただきました。

この展示会では建築家保坂猛氏が建築を考える際に描いたスケッチ500枚で満たされた空間の中を歩きながら、空想の世界を体験していただけます。

保坂氏は、天井から光が降り注ぐ住宅「Daylight House」で第24回JIA新人賞を受賞しており、日本のみならず海外でも高い評価を得ています。

山梨県の「ほうとう不動」など、シーカの資本・業務提携先であるダイフレックス社の製品が保坂氏の作品に使用されております。

我々は、今後も多くの保坂氏のプロジェクトに携われることを、非常に楽しみにしております。

革新的な建築資材と製品は、デザインや建物の細部、その他構造における創造的なソリューションを実行できるよう、建築家に新たな領域を提供いたします。

シーカは、シーカグループの製品が使用されることで、世界中の多くの建築家がデザインの自由度を広げていることに、誇りを感じております。

ぜひお近くにお越しの際はお立ち寄りください。

 

展覧会情報

- 展覧会実施期間:2014年1月14日(火)~2014年2月19日(水)
- 開催場所:PRISMIC GALLERY 東京都港区南青山4-1-9 秋元南青山ビル1F
- 展示会名:建築家保坂猛氏 展覧会 [KU U SO U]in Tokyo

 

保坂氏インタビューより抜粋

「『空想』というテーマにより、無数のスケッチを空中に浮かべます。

建築を考える際に、スケッチを描きます。そのスケッチの99%はダメなスケッチです。

しかし、1%のすばらしい発見があるのです。

空想したことの99%はダメな空想なわけですが、あえてその膨大なスケッチを空中に浮かべ、その中をあるいて頂く展示をします。建築を考えるという仕事は、99%のダメなスケッチを描き続けることでもあるということをありのままに展示します。

この展示空間は、私の頭の中のようでもあると思います。空想しつづけスケッチをしつづける私の頭の中をさまよい歩いて頂き、ときどきmoon chairに座り、ゆりかごに揺られるようにゆらゆらと時間を過ごし、空想の世界を体験して頂けたらと思います。」

 

保坂猛氏プロフィール

1975 山梨県生まれ
1999 横浜国立大学 建設学科 建築学コース卒業
1999 建築設計 SPEED STUDIO共同設立・主宰
2001 横浜国立大学 大学院 修士課程修了
2004 株式会社 保坂猛 建築都市設計事務所 設立

 

本件に関するお問合せ先
日本シーカ株式会社
マーケティングサービス/コミュニケーションズ 柴田 理恵子
TEL 03-6433-2315
FAX 03-6433-2102