2018年インターマット・イノベーション・アワードでシーカは建設工業用製品の3Dコンクリートプリンティングの功績により「ワールド・オブ・コンクリート・ヨーロッパ」特別賞を受賞しました。この賞はパリで開催された建設・社会整備関連の展示会“インターマット”でシーカに授与されました。

 

3Dコンクリートプリンティング分野においてコストパフォーマンス性、デザイン性、運転性、操作性、スピード性、安全性、環境適合性といった観点から革新し、市場の期待に応えられた点がインターマットでの受賞理由となりました。このタイプのプリンティングにおいて建設での設計の自由度が実現しました。ダイナミックな曲線と未来的な構造は、デジタル設計図から直接的で効率的に印刷することができます。

 

最高精度の3Dコンクリートプリンティング

シーカが開発した3Dコンクリートプリンティングプロセスでは、さまざまな形状やデザインにカスタマイズされたコンクリートパーツを、最大限の精密さで作り出すことができます。このプロセスの核心は押出プリントヘッドにあり、様々な混合物を加えてモルタルを仕上げるシーカが開発し特許を取得した高性能ツールです。材料は数秒以内に凝結して下の層と結合します。1秒あたり1メートルの造形速度で、高さ10メートルまで構造物を作り出すことができます。

ダウンロード

 

詳細情報(一部英語サイト)

Intermat Innovation Awards 2018

シーカがコンクリートの3D プリンティングの産業化を牽引
3D concrete printing: Huge potential for the future