シーカは近年、ジョージア州アトランタの崩壊した州間陸橋で重要な補修工事を担いました。シーカのチームはThomas Concrete社と共同でシーカの新製品であるSika®Control
NSを用い、ジョージア州交通局の厳しい工期を1カ月前倒し、わずか6週間で工事を完了させました。

ジョージア州アトランタの州間陸橋I85号は、橋下の火災で深刻な被害を受けていました。アトランタ市は世界の交通渋滞ランキングで第8位に入るほど交通量が多く、毎日約22万人がこの州間高速道路で通勤しています。そのため、この火災はアトランタ市内で最もダメージを与えた交通関連の事故のひとつと言われています。

 

高速補修プロジェクト

シーカの主要なコンクリート混和剤の1つのSika®ViscoCrete®-2100と、シーカの新製品であるSika®Control NSの両製品が補修工事のサポートのために供給されました。Sika®ViscoCrete®-2100は、硬化促進剤を使用せずに、7日以内に構造物の設計基準強度を達成するために使用され、一方、Sika®Control NSの収縮低減剤は、陸橋のデッキに使用して亀裂がない耐久性のある表面を提供しました。

 

ダウンロード