極めて豊富な経験の強み

シーカでは従業員を重んじ、尊敬に満ちた仕事環境で、ある特定の担当分野で十分に貢献できるよう、有利な機会を提供します。個々の仕事は共通の価値観や内なる信条を持ちあわせています。この事が、会社が道徳規準を守り続ける理由なのです。それゆえ、この道徳規準とは経営者への信頼そして従業員への信頼と同様、相互敬意が存在します。シーカの全従業員は3つの極めて重要な価値観を共有しています。それはパートナーシップ、そして忍耐強さと革新です。

共に働く喜び

企業が成功するためには、協力が極めて重要になります。シーカで成功を収める共同研究はチームのためを思う従業員、そして率直なコミュニケーション、個々の責任感によるものです。さらに、シーカの世界では、物事をグローバルに考え、現地に根差して行動します。これは、私たちが戦略やその手段を共有しつつも、現地市場の状況やその土地ならではの要望を優先的に適応するということです。ここにおいて大切なことは知識や経験のグローバルな交流と同様、幅広く多様な人々の融合と発展です。

忍耐強さ

品質基準、そして納期・予算内で相互合意に基づいた上での目標の達成、コンセプトの実行、プロプロフェッショナルな調整、いかなる困難を乗り越える力が仕事の成功には求められるとシーカは理解しています。シーカで私たちは多様な資源と情報を頼りに、成功への道を共に切り開いていくでしょう。トレーニングと並行して、さらなる教育と新しく多様なタスク、そして他国、他文化下での経験は、高い可能性を持つ体系的で先行的な開発をする上で重要な要素です。

革新への勇気

企業は仕事やマネージメント環境を創出することを誇りに思っています。その環境は、自ら意思決定し行動する自由同様、各々の仕事への情熱を奨励します。これはあなたが物事を前進させるように奨励しているのです。従業員が個々の仕事や会社での成功の中で満足するようにシーカは願っています。「シーカを誇りに思い、シーカの誇りになろう」スローガンはまさにこれを証言しています。