湖を擁する45の地域に総数55を超えるパートナー組織を有するまでに拡大した、この世界自然基金(GNF)ネットワークは、飲用水源、湖、および湿地の持続可能な開発と保護を提唱しています。リビングレイクのコーディネーター役は、ドイツのコンスタンス湖のほとりに位置するラドルフツェルに本部を置く非営利財団、GNFが務めています。このネットワークは、水資源保護に関与している公共組織と民間組織の代表者間の対話を1998年から推進してきています。公共組織と民間組織による関心の共有は、NGOと企業の間におけるノウハウ、技術、および経験の貴重な共有を可能にします。