品質は、技術革新およびサービスと並ぶ、シーカブランドのアイデンティティの柱の1つです。品質は、製品に対するユーザーの評価を左右します。また、品質は、会社の内外において、サービスとプロセスの1つの尺度として使用されます。シーカグループのスペシャルティ・ケミカルは、世界中の建設現場および工業界で使用されています。

シーカにおける「品質」という言葉の概念は、個々の製品の品質、顧客およびパートナーに対する関係の品質、そしてサービスの品質という、3種類の品質を包含しています。つまり、シーカは、サプライヤーであると同時に、市場パートナーでもあるということになります。シーカグループは、製品、アドバイス、および現場サービスで構成される、完全なソリューションをお客様にご提供します。キー・アカウント/流通業務およびプロジェクトにおける高い専門知識をもつシーカ従業員の、そしてグローバルな製造拠点ネットワークが、リソースの結集とその効率的な活用の実現を支援します。

シーカの企業方針の1つの重要な要素は、品質と環境責任の両立です。シーカでは、生産プロセスおよび製品設計において天然資源を経済的に使用することが、全従業員に対して要求されます。シーカグループのほとんどの会社は、長年にわたって、ISO 9001とISO 14001の認証を保持受け続けしています。シーカは、さまざまな研究所および諮問会議の中で、品質と環境に関する各種の包括的なイニシアチブをサポートしています。

製品品質とプロセス・サイクルを最適化するためのシーカの管理システムは、自動車産業の詳細な指針にも準拠しています。クラスAサプライヤーとしてのステータスを得るためには、自動車産業のプロセス志向型規格であるTS 16949の認証を受けることと多数の顧客監査に合格することが必須条件ですが、シーカは、主要自動車メーカー全社に関して、このステータスを保持しています。