現代は、人類の歴史上で最もスピードが求められる時代です。このことは、自動車メーカーにもあてはまります。構造用接着剤は、他の接合技術を容易に活用することができます。フレキシビリティ、耐久性の向上、およびスポット溶接箇所の削減などは、構造用接着剤/シーリング材技術のメリットの事例です。

SikaPower®シリーズの接着剤およびシーリング材は、エポキシ・ハイブリッド技術にもとづいた熱硬化型製品です。この技術は、耐衝突性を実現するためのスポット溶接用途の領域にまで対応する、アンチ・フラッター、ヘム・フランジ、および構造関係の用途を含む、多種多様な「ボディ・イン・ホワイト」シーリング材/接着剤をカバーします。

インテリアのデザインは、人が車を購入する際の重要な判定基準の1つです。ラミネーション/アセンブリ・プロセス用の接着技術は、魅力的で柔らかい感触を有する表面の実現を助けるとともに、これらの部品の接着に関する技術的要求(気候試験抵抗性、低排出、処理の容易さ)への適切な対応が可能です。

SikaMelt®、SikaTherm®、SikaSense®、およびSikaForce®は、自動車産業の効率的化に実績があります。有能なスペシャリストたちで構成されるシーカのグローバル・チームは、お客様の会社における生産プロセスの設計および最適化をサポートします。シーカは、バキューム・カバリング、プレスおよびレザー・ラミネーションに関するあらゆる技術を提供し、信頼性の高いインテリア・ソリューションを提供します。使用される被着体は、PVC/TPOフォイルから織物、木材、およびプラスチックまで、多岐にわたっています。

現在、最も要求の厳しい接着は、PVCフォイルとABSの組合せです。シーカが最近開発した各種の製品は、最も厳しい耐候試験の基準をクリアしています。シーカ®メルトポリオレフィン技術は、PP表面を前処理なしで接着することを可能にし、接着技術の新領域を切り開いています。全世界で事業を展開し、全世界に情報ソースを有する、ラミネーションの市場リーダーの技術力とノウハウは、お客様の信頼を裏切りません。

風車のブレードとサンドイッチ・パネルの接着に関しては、SikaForce®技術が多くのお客様に支持されています。その理由は、この技術が強度とシステムの使いやすさという点ですぐれており、非常に高速で効率的なアセンブリ・プロセスを可能にするからです。