シーカの最高技術責任者のフランク・ホフリン は 「3Dプリントテクノロジーへ明確に焦点を当て、社内ノウハウの要求をもって、シーカはコンクリート工事をさらに産業化やデジタル化する分野において絶好のポジションにいます。」と述べています。
シーカの最高技術責任者のフランク・ホフリン

「3Dプリントテクノロジーへ明確に焦点を当て、社内ノウハウの要求をもって、シーカはコンクリート工事をさらに産業化やデジタル化する分野において絶好のポジションにいます。」

 

高速3Dプリンティング

 

3Dプリンティングや、押出成形、人工知能の利用や仮想現実などは、建設業界に革命をもたらすでしょう。特に、3Dプリンティング技術はコンクリートの工業化におけるパラダイムシフトの推進力となると見られています。シーカは、この技術開発の初期段階から、大学や他の業界の主要なプレーヤーと密接に連携して取り組んできました。

 

2016年にシーカはスイス ウィーデンのテクノロジーパークで、建設構造の自動化に向けて3D専用のセンターを開設しました。進行中のプロジェクトは、建築家との共同作業において無類の自由なデザインの創造と同時に、3Dプリントの初の実用化に集中しています。この開発中の技術において、シーカは、セメントプリントに必要なすべてのブロックを供給する唯一の企業であり、独自のポジションを有しています。これには以下が含まれます。

 

  • シーカオートモーティブのエンジニアリングセンターのロボット技術
  • シーカのパルスメントプロセスコントロールによる自動化
  • シーカミニショットシステムによる吐出技術
  • シーカの3Dモルタルシーカの促進剤添加量による要求に応じた凝結
  • コンクリート技術とシーカビスコクリートでの配合設計
  • シーカのコンクリート用混和剤の専門家チームによる配合に関する専門知識