無数の音と雑音に満たされたあわただしい現代社会では、ほとんどの人々が静かな島のような、雑音から隔離された空間を、より高いクオリティ・オブ・ライフの象徴として認識するようになっています。このことを考えると当然の結果といえるかも知れませんが、今日では、あらゆる種類の車両、船舶、および機器の設計において、音の管理が不可欠な要素の一つとなっています。

シーカは、高効率ノイズ・キャンセリング用バッフル/ダンパー技術の分野におけるパイオニア企業の1つです。当社の技術は、柔軟性に富んだ軟質ゴム/サーモプラスチック・フォームを利用し、風切り音などのような高周波雑音を大幅に低減させます。また、当社のエポキシ・ベースの補強剤を使って振動および低周波雑音の発生を防止することができます。さらに、当社のゴム製ダンパー・システムは優れた制震性能を呈します。

今日では、環境に対する関心の増大とエネルギー・コスト上昇の結果として、従来の高い安全水準を維持したうえでの極限の軽量化に対する要求がこれまでにないほど強くなっています。シーカは、この難しい分野において、車体重量を増加させることなく自動車の剛性の向上が可能な、いろいろな顧客要望に対応できる熱硬化性材料の開発および供給を行ってきました。なかでも、SikaReinforcer® というブランド名で販売されている各種の製品はユニークな製品です。これらは、あらゆる形状に射出成形することができ、130°Cから200°Cまでの範囲内の温度で構造用発泡接着剤となります。

これらの技術の多くは、非常にコストに厳しい自動車産業のみならず他の多くの産業においても、すぐれたコスト・パフォーマンス・バランスのメリットを提供します。

シーカ遮音材・補強材研究開発チームによって開発されたロバスト性の高いゴム・ベースな各種シーラント/接着剤は、建設産業において様々なメリットを提供しています。また、シーカは、広く認められた「リード・スルー」回避特性を有するゴム・ベースの各種シーラントを、自動車産業と工業分野のお客様に供給しています。

当社のブランド

  •  SikaReinforcer®は、3D SikaStructure®に成型された、熱膨張性構造用軽量エポキシです。Sika Reinforcer®は、顧客要望で設計されたSikaStructure®の型穴を満たし、車両の剛性を向上させることによって、雑音と振動を低減させます。
  • SikaBaffle®シリーズの製品は、お客様の設計パラメータに合わせて空洞を充填するための一定の体積膨張が実現できるように設計されています。この技術は、複雑な空洞に対しても完全な充填を可能にします。
  • SikaDamp®は、パーツおよびバルクとしてご購入いただける製品です。この製品は、あらゆる振動構造物に容易に適用できます。SikaDamp®は、工業規模の用途からDIY市場まで、多岐にわたる用途に利用できます。
  • SikaSeal®およびSika Lastomer®などのブチルゴム・ベースの各種製品は、様々な材料の隙間や繋ぎ目を埋めるために使用されます。SikaSeal®およびSikaLastomer®は、色々な荷姿でご購入いただけます(膨張機能付きと膨張機能なしの2タイプがあります)。

シーカは、安全および耐久性、ならびに「雑音、振動、および耳障りな音」(NVH)に関するお客様の要求を満たす各種の有機材料を開発してきました。シーカは、ゴム化学、熱可塑性材料化学、および熱硬化性材料化学を適切に組み合わせる技術/ノウハウと統計的実験データにもとづき、お客様のニーズに合わせた製品の最適化によって、ベストマッチのソリューションを提供します。