1910年スイスにカスパー・ウインクラー社が誕生し、<シーカ>の商標で防水剤、急結剤の製造・販売を始めたのが今日のシーカの起源です。その後、コンクリート用混和剤、目地材、工業用製品など、次々と新製品を開発し世界へと展開。現在70カ国以上のグループ会社を有するグローバル企業に成長しています。

西暦 和暦  

1927

S2

シーカ製品が初めて日本に輸入される。
1931

S6

日本シーカ工業社を大阪に設立し日本に於ける本格的な営業を開始。スイスよりマックス・ベビ氏が派遣され、日本の大手建設・防水業者に対し、モルタル防水並びにオーバーハスリ・システムによるトンネル・地下構造物等の止水について実地指導を行い、好評を博す。
1934

S9

数多くの大型防水工事の実績(阪急の屋上防水工事、近鉄のトンネル防水工事、富士製鉄<現新日鉄>広畑製鉄所の防水工事など)にともない、日本シーカ製造株式会社と改称、本社を東京に移転し、蒲田に工場を設け、建築・土木の分野で広範囲の活動を開始。

1943

S18

第2次世界大戦の勃発により原料不足に陥り、ついに全製品製造中止のやむなきに至るが、防水工事のみは大量の在庫品により継続する。
1949

S24

スイスからの輸入に対する許可を得て、シーカ製品の販売・施工が再び軌道に乗る。
1955

S30

シーカ製品の日本に於ける製造と日本及び極東諸国への販売を目的として「日本シーカ株式会社」を設立。
1956

S31

戸塚工場(横浜市戸塚区)の完成によりシーカ製品普及の基礎固めが出来上がる。
1969

S44

神奈川県平塚市馬入工業団地に本社及び工場を新設し、製品需要への対応のための生産設備の増強、新製品の販売力強化のための設備を完備。
1972

S47

戸塚工場内の研究室・トレーニングセンターを平塚本社工場に移転し、シーカ製品の研修機関として広くユーザー及びディーラーの皆様に利用いただいている。
1978

S53

本社を東京に移転し、技術サービスの徹底を図るとともに、全国の販売網を強化し、販売拡大への体制を確立。
1987

S62

平塚工場内に事務所棟、シーカフレックス棟を増築し、能力増強を図る。
1988

S63

ショールーム・ショーウインドウを新設し、サービス体制の強化を図る。更に名古屋に混和剤製造基地を建設し、中京・北陸地区への供給体制を確立。
1990

H2

平塚工場が、JIS A 5758ポリウレタン系建築用シーリング材の日本工業規格(JIS)表示工場として認可される。
1992

H4

高品質・高技術をより徹底的に追求し、市場ニーズに迅速に応えられるよう研究開発棟を全面的に増改築する。関西地区以西の需要に応え、供給体制の強化を図るため、兵庫県小野市に小野工場を新設。
1993

H5

シーカフレックス製品に於いて、国際標準化機構(ISO)の品質保証規格「ISO9001」の認証を取得。
1994

H6

混和剤を始めとする主力製品に於いて、ISO9001の認証を取得。
1996

H8

本社及び東京営業所を平塚工場内に移転し、営業、研究、生産の一本化体制をとり、ユーザー及びディーラーの皆様へのサービス強化を図る。 
1997

H9

自動車用に遮音、防振効果を発揮する発泡充填材の販売を開始。
1998

H10

環境に対する企業としての取組みが深まる中、国際環境マネジメントシステム 「ISO14001」の認証を取得。
1999

H11

林テレンプ㈱と合弁会社「林シーカ・オートモーティブ㈱」を設立し、アジア太平洋地域の乗用車メーカーに対し、シーカの発泡性シーリング製品の開発、製造、販売を開始。
2004

H16

世界長㈱化成品事業を承継し、建設用シーリング材を中心とする製品ラインナップの充実、事業拡大を図る。
2008 H20 新南陽工場に自動車用遮音、制振材(シーカ® ダンプ/シーカ® バッフル)の製造ラインを新設。
2009 H21 平塚工場に於いて、高性能ポリウレタン接着剤(シーカフレックス® )の新製造ラインを増設。屋上防水シート、サーナフィルの販売を開始。サーナフィル上海工場でJIS認定を取得。塗膜防水製品の販売を開始。
2010 H22 ヘンケルジャパン㈱シーリング事業部を承継。
㈱ダイフレックスと資本・業務提携。大阪事務所を江坂へ移転。大阪テクニカルセンターを開設。
2012 H24 本社を東京・品川に移転し、更なるブランド構築を図る。