シーカグループの中で、もっとも早くアジア地域に開設された法人が、日本シーカです。世界の最先端で培われた技術とノウハウを持ったシーカの製品は、1955年の日本法人開設とともに本格的に販売が開始されると、たちまち日本のマーケットに認められ、1956年に着工された黒部第四発電所黒部ダムの工事では、施工資材に急結剤の「シーカ®No.4a」をはじめ、コンクリート用混和剤、目地材 などの製品が採用され、日本最大級のダムの完成に貢献しました。その後も、東海道新幹線の橋脚、東名高速道路、成田新東京国際空港、など、高度経済成長期における日本の主要建造物に土木建設関連製品が採用されました。

1969年(昭和44年)

東名高速道路
高速道路を支える橋脚にコンクリート用混和剤プラストクリート®が使用されました。

1969年(昭和44年)

平塚工場新設
神奈川県平塚市に本社および工場を移転し、生産能力を増強いたしました。

1971年(昭和46年)

京王プラザホテル
基礎コンクリートにコンクリート用混和剤プラストクリート®、プラスチメント®が使用されました。

1974年(昭和49年)

最高裁判所
使用コンクリートにコンクリート用混和剤プラストクリート®が使用されました。

1976年(昭和51年)

池袋副都心 サンシャイン60ビル
コンクリート用混和剤プラストクリート®が使用され、地下構造体にはシーカ®ジョイントリボンおよびエポキシ樹脂が使用されました。

1977年(昭和52年)

成田新東京国際空港
管理塔および地下構造体にコンクリート用混和剤プラストクリート®が、格納庫のコンクリートジョイントにアイガスEが使用されました。