シーカは、2010年に、創業100周年を迎えました。シーカがこの100年間、絶えず成長し続けられた理由は、常に革新的な製品とソリューションを開発し、すべての関係者と一貫性のある形で向き合うという、基本姿勢をとってきたからです。シーカは現在、世界の80を超える国々に子会社を有し、総従業員数も16,000人を超える、企業に成長しています。

シーカにおける意思決定は、持続可能な開発の原則を考慮に入れて行われます。なぜなら、持続可能な開発の原則は、現在と将来の世界的課題を解決するための原則だからです。これらの課題は、未来の経済環境と発展を形作るいくつかのメガ・トレンド(たとえば、水資源管理、省エネルギー、気候変動回避など)に関係する課題です。企業の成功は、これらのメガ・トレンドに合った的確なソリューションを提供できるか否かにかかっています。